POPS-K Blog

POPS-K店員によるBLOG
ペグに巻く方向
お久しぶりです。儀満です。



最近ギターの弦を逆に巻いている人をよく見るので、
ちょっと参考までに気を付ける点を書こうと思います。



ギターの弦というのは、なるべく真っ直ぐ張らないといけません。


例えばこちら、テレキャス系のヘッドです。
d0142472_12361956.jpg



ペグからナット、ナットからブリッジまで、
弦は真っ直ぐになります。

もしペグに逆に巻いたら、ナットのところで弦に角度が付いてしまいます。

こうしてしまうと、ナットが割れることがあります!




ナットというのはまったく同じ大きさの物が商品として売られているわけではありません。
そのギターに合うように一個一個削って作るのです。


なので、ナット交換となると7,000円くらいかかります。



・・・懐が寂しくなりますね。





真っ直ぐではないのもあります。

GIBSONやアコギ系
d0142472_12514067.jpg



こちらは構造上、真っ直ぐにはなりませんが、なるべくナットからペグまで角度が付かないように巻きます。

こういうタイプは1弦と6弦、どっちが正解か悩んでしまいます。
しかし写真とは逆に外側にいくように巻くと、ナットが欠けることがあります。
特に6弦。







こういう感じで、弦が真っ直ぐなるように意識して弦を張ると、逆に巻くことはなくなると思います。




気にしてなかった人は次から気にしながら張り替えてみてくださいね♫
[PR]
by pops-k | 2013-10-13 13:25
<< 青春音伝説Vol.25 雑記的 >>


by pops-k
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
twitter
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧