POPS-K Blog

POPS-K店員によるBLOG
<   2008年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧
ほんとに役に立つの?ドラム豆知識! vol1
どうも。
山口店の主にドラムを担当させていただいています、菅田です。


先日のTONE ZONEは大盛況のうちに幕を閉じまして、スタッフとして参加していた僕も、ほっと一息ですわ。

しかし、ドラム周りの手伝いをさせていただいていたんですけど、毎回思うのが、
「ドラムはセッティングに時間がかかるんだってばよ!」
ってことですね。

他の楽器に比べてドラムはセッティングが大変。タムにスネア、ペダルにシンバルetc、、、
余裕をもって本番を迎えたいのに、あぁ、今日に限ってスネアの位置がきまらなぁい…
みんなを待たせて、うぅ…

なんてこと、みなさん一度はありますよね?


そこでボクからのワンポイントアドバイス。

「セッティングは足元から!」


一番先に目に付くシンバルを先にセッティングしたい気持ちも分かりますが、ここはあせらず。まずはペダルから。そして徐々に上をセッティングしていきます。


なぜかと申しますと、シンバル類は可動範囲広いのに対して、スネアやタムタムは可動範囲が狭いからです。


クラッシュの位置を決めて、さぁタムを動かそうと思ったら、シンバルが邪魔で動かせない。
もう一度シンバルをやり直し…
タムを決めて、スネアを動かそうとしたらタムが邪魔で動かない…タムやり直し…

なんてしていたら、いくら時間があってもたりません!


これは一例ですが、僕とかは
「ペダル→スネア→ハイハット→フロア→タムタム→シンバル→小物」
と、下から上へとセッティングしています。

また、自分のスネアスタンドや椅子を持ってくる人もいますね。

セッティングはドラマーの実力でもあります!


セッティングに時間がかかって、他のメンバーに迷惑をかけたり、演奏時間が短くなったり、焦って思い通りにプレイできなかったり。

そんなことが無いように、みなさん工夫されてはいかがでしょうか?





今日の一言「オシャレとセッティングは足元から」
[PR]
by pops-k | 2008-02-27 14:38 | ドラム/パーカッション
TONEZONE10thお疲れさまでした!
お久しぶりです、山口店のギマです。

土曜日はTONEZONE10thでした。
出演者のみなさんお疲れ様でした!
見に来てくださった方ありがとうございました!

今回は若いバンドさんが多かったですね。
12バンド中、高校生3バンド、大学生6バンドでした。
結成して1年経ってないバンドさんも多かったです。

中には全員が楽器始めて1年経ってないバンドさんもいました。
驚きです。上手でしたね。

世代が一緒なのにいろんなジャンルのバンドが揃ったライブになったんではないでしょうか。

すごく個性が出てたと思います。

全バンドジャンルが異なるというのはTONEZONE史上初めてのことではないでしょうか。



近々写真付きのライブレポートをホームページにアップしますので、楽しみに待っててください!


次回はミュージックレボリューションが夏に、TONEZONE11thは詳細未定ですが年内にはやりたいと思いますので、みなさんぜひ参加してください!


山口のライブシーンをみんなで盛り上げましょう!!



P.S 本当はバンドごとにコメントを入れたライブレポートになるはずだったのに、10バンド目を書いたとこですべて消えてしまいました。コンピュータのばかやろう(;_;)
[PR]
by pops-k | 2008-02-25 15:41
いけのイケイケにっき その弐
ぼちぼち花粉シーズンですかな?
鼻水だらだら目もやられてしまいます。嫌な季節がやってきました。
なんか楽になる方法があれば!教えてほしいものです!

さてさて、2008年最初のヘタコンが!4月29日(火・祝)に開催です!
がんがん募集しちゃってください!!
ちなみに、イケイケ池のバンドも、募集しようか検討中なのであります!!
仕事休めたらいいんだけど…。
どうなるか分からないけど、是非!対バンしましょう!!

そうそう!店長もギターメンテナンスについていっぱい書き込んでいますね!
対抗して僕も・・・!
皆さん!ロック式ギターでチューニングやブリッジのバランス、その他いろいろ困ったことはありませんか!?
これもちょっとしたお手入れ調整で一気によくなります!
弦高が高いな~弾きにくいなぁ~って、なった時に弦高調整のまえに!ブリッジを見てみては!?
弦の方に引っ張られていると、あうち!なんです!そーゆーパターンだと、弦高を下げなくてもブリッジ調整だけで解消される可能性もあるんです!

この間から、ちょくちょくお店のロック式ギターの調整をやってます~!
なんで、ついでに見てほしい~!って方は持ってきてください~!
出来る範囲なら!(笑)お手伝いしますんで!

土曜限定!ポッピー池でした。
[PR]
by pops-k | 2008-02-23 12:25 | その他
宅録のススメ⑧
こんにちは、周南店ロビンです。

最近KYという言葉が日常的に使われているようです。
「空気読めない」のことですね。
空気が読めないと、場の「ふいんき」が悪くなります。
あれ?なんだか書いてて違和感があります。そうです、正しくは「ふいんき」ではなく「ふんいき」ですね。漢字で書くと「雰囲気」です。

このように普段何気なく使っている言葉も、実際は正しくないことがあります。
僕の統計では「ふんいき」と正しく発する人と、「ふいんき」と文字通り雰囲気に呑まれて発音している人の割合が6:4くらいです。
もう、「ふんいき」という言葉を連呼しすぎてなにがなんだか分からないふいんきになってきました。もう思い切って「いんき」でも伝わるんじゃないかという気がしてきました。

さて、同じような類に、「シミュレーター」という言葉があります。
これを正しく発音している人は何人いるでしょうか!?
僕の統計では「シミュレーター」と発音する人と、「シュミレーター」と発音する人の割合は2:8くらいです。
これは憶測の域を出ませんが・・・、生まれてこの方「シュミレーター」じゃないなんて疑ったことのない人が多いのではないでしょうか?
だって、普通の会話にはまったくといっていいほど支障がないですからね。
ましてやアンプシミュレーターの話になれば、なおさら「シュ」だろうが「ミュ」だろうがどうでもいい話です。

そして、気づくんです、ネットで「シュミレーター」と検索したのではヒット数が少ないことに・・・。

そうです、今日はアンプシミュレーターの話をしたいと思います。

アンプを大音量で鳴らしたあの音を録音したいけど、自宅でやったら周りから怒られちゃう人にはオススメなんです。っていうかほとんどの人はそうだと思います。

有名なところで、LINE6PODシリーズなんかがありますね。
勿論うちでも扱ってますよ!
最新機種のx3は凄いことになってますね。
このPODも、僕は昔は「ピーオーディー」って読んでたんですけど、「ポッド」って読む人が1:9くらいなので最近はポッドって言うようになりました。


さて、次回こそはアンプシュミレーターについてちゃんと書こうと思います。


d0142472_1938981.jpg

[PR]
by pops-k | 2008-02-21 19:38 | シンセ/DAW
いけのイケイケにっき その壱
どうも!POPS-Kのいけです。
今日は天気もぽかぽかな感じです。でも、店長いわく寒いみたいです。

そういえば、昨日ビールを飲みました。
ジョッキ1杯飲みきりました。超頭がガンガンふらふら~。
お酒の記録更新中です。

エフェクターボードを製作中!!1ヵ月くらい前からちょくちょくやってるんですが、なかなか完成しません。完成したらアップしようと思うので!!がんばります!
パッチ職人になりつつあります!

そういえば!みなさんは、チョコもらいました!?
自分は、まだお母ちゃんからだけです。泣

チョコ食べたいです。

ポッピーいけ。


[PR]
by pops-k | 2008-02-16 13:08 | その他
店長の超展開⑤
ナットは消耗品

周南店店長のヨシダです。
最近自分のギターのナット溝が低くなってきたので交換することにしました。

ナットは弦やジャックなどに比べて消耗は激しくありませんが、長く使っているとどうしても弦の摩擦によって溝が削られ、その結果ビビリの原因になってしまいます。
交換パーツ自体は¥400位からありますが加工、調整が必ず必要になります。また、そのための専用工具も必要ですので、その場合はPOPS-Kにご相談を。
ちなみに工賃は¥6,000~です。

d0142472_19324915.jpg


では、工程をかなり簡単に説明しましょう。

まずは今ついているナットをはずします。指板のナット溝にRがついている場合はそのRに合わせてナットを削ります。残念ながら僕のギター溝にはRがついていました。

d0142472_19333595.jpg


加工が終わったら少量(重要)の接着剤でギターに取り付けます。
その後、大まかに高さを整え弦の通る溝を罫書きます。(とっても重要!)

d0142472_19341415.jpg


線にそってフレットヤスリで削ります。

d0142472_19344357.jpg


完成。(省略しすぎ!!)

d0142472_1935422.jpg


さっそく音だし。良いカンジ!!!

ちなみに下の写真はナット交換時に弦が邪魔にならないようにケーブルタイでまとめた様子です。店長ヨシダはアイディアマンでもあります。


d0142472_19352176.jpg

[PR]
by pops-k | 2008-02-15 19:36 | ギター/ベース
宅録のススメ⑦
こんにちは、周南店ロビンです。

d0142472_19514831.jpg


今回もオーディオインターフェースについてです。

前回、オーディオインターフェースにミキサー機能が内蔵されているものがあると書きました。細かい説明は省きますが、これによって、自分のプレイをダイレクトに聴くことが可能となります。この場合レーテンシーはゼロです。
その代わり、エフェクトの掛け録りには向かないのですが。

パソコンで音楽をする場合、このように、レーテンシーをうまく回避しながらレコーディングを行っていくことになります。

さて、オーディオインターフェースにはいろいろなタイプのものがあります。

マイクプリ(マイクを接続するための装置)が複数付いているものや、MIDIキーボードと合体しているもの、コントロールサーフィスタイプ(音楽ソフトを手元で操作できるハードが付属している)ものもあります。ちなみに上の写真はYAMAHAの超多機能な超便利なN12という製品ですが、オーディオインターフェースも兼ねてます。

また、中には音楽ソフトが付属していたりします。
付属しているソフトの中には、かなり充実した内容のものもあり、これから始める方には非常にオススメです。

最後に、オーディオインターフェースのチェックポイントを僕なりに考えてみました。

・同時入出力の数
→ドラムなどでマルチマイク録りには多入出力のものを選びましょう。
・サンプリング周波数、ビット数の対応
→CDは44.1KHz/16Bit、DATは48KHz16bit、それ以上のスペックも望めます。 
・ドライバ(ASIO/COREAUDIO)の対応
→オーディオインターフェースと呼ばれるものは対応しているでしょう。
・接続方法
→USB、FIREWIRE、PCI等多く存在します。ご自分のパソコンが対応しているかどうか。
・モニタリングの方法
→ダイレクトモニタリングや内部ミキサーなど、どういう方法でモニタリング出来るか。
・バスパワーの対応
→ノートパソコンで機動性を考えるなら対応しているものを探しましょう。
・マイクプリ、HI-Z端子の有無
→専用機を別に用意しなくていいので便利です。
・付属ソフト、付属機能
→付属ソフトは侮れません。MIDIキーボードなどの特有の機能が一緒になっていることも。

今月のDIGIRECO(無料雑誌)でもオーディオインターフェースが特集されています。
是非POPS-Kにお立ち寄り下さいませ!

d0142472_195234.jpg


これはEDIROLPCR-A30です。MIDIキーボードと一体型のオーディオインターフェースです。
オーディオインターフェースは他にもたくさん選択肢がありますよ!
[PR]
by pops-k | 2008-02-09 19:57 | シンセ/DAW
宅録のススメ⑥
こんにちは、周南店ロビンです!
今日はオーディオインターフェースについて書こうと思います。

パソコンで音楽する場合、是非用意したいのがオーディオインターフェースです。
マルチトラックを扱うソフトでのレコーディングでは必須ではないでしょうか!

何故必要なのかといいますと、いろいろ理由はあるんですが、一番はレイテンシー問題と闘う為だと思います。

レイテンシーとは、「音の遅れ」という意味です。これはパソコンで音楽するには避けて通れない問題です。
例えばパソコンにギターを入力します。このギターを(パソコンの音声出力で)リアルタイムに聴こうとすると、何故か音が遅れます。エフェクターで言うところのディレイが勝手に掛かってしまいます。

これはパソコンに入力された音をいったんコンピューターが処理して音声を出力しているからです。その処理の時間分、レイテンシーが発生するわけです。

このままではまともなプレイが録音できるはずが有りませんね。そこで登場するのがASIO等の音楽専用のドライバです。これは上記のレイテンシーを限りなく小さくしてくれる機能を備えています。実際にはこの手のドライバがないと音楽制作は非常にキビシイといえるでしょう。
オーディオインターフェースが必要と言っている一番のワケはこのドライバに対応しているからです。

オーディオインターフェースによっては、このレイテンシーの問題を別の方法で解決しているものもあります。オーディオインターフェースに内蔵のミキサー機能があれば、レイテンシーなんか怖くありません。長くなりそうなので、この話は次回に引き延ばそうと思います!
d0142472_19551062.jpg

[PR]
by pops-k | 2008-02-07 19:56 | シンセ/DAW
店長の超展開④
ところかわれば

周南店店長のヨシダです。
今日は山口店に来ています。
月1回は山口店に来て仕事をするのですが、店のカラーといいますか、店長の趣味が反映されているといいますか、ビミョーに品揃えが違います。

今日も何の気なしに商品をチェックしていると、こんなものを見つけました。

d0142472_18521166.jpg


これは何かというと、エフェクターを自作する時に必要な筐体(ケース)です。

なんとマニアックな・・・・

山口店の店長はエフェクターを改造したり、自作したりするとは聞いていましたが、まさか店頭に在庫しているとは・・・・

おそるべし山口店。

d0142472_18584524.jpg


ちなみに山口店はテイラーギターの特約店なので、たくさんのテイラーが展示しています。

周南店には変わった店員が数人います。
[PR]
by pops-k | 2008-02-06 19:03 | ギター/ベース


by pops-k
プロフィールを見る
画像一覧
twitter
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧