POPS-K Blog

POPS-K店員によるBLOG
<   2008年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧
テンチョーの超展開③
拘るなら指先まで

周南店店長のヨシダです。
実はアコギを弾きます。

長年アコギを弾いてきましたが、サムピックがどうも苦手で使っていませんでした。
普通のピックは持つ位置を調節できますが、サムピックの場合それが簡単にはいきません。
じゃあ自分が使い易いようにしてしまえ!と急に思い立ち加工してみました。

d0142472_14105153.jpg


サムピックを装着したときに出っ張り部分が多すぎたので、ヤスリで削ったあとサンドペーパーで仕上げてできあがり。
10分もかかりませんでした。

d0142472_14111057.jpg


さっそく使ってみると、つっ、使い易い!
今までの苦手意識は何だったんだ!

皆さんも是非お試しあれ。
[PR]
by pops-k | 2008-01-31 14:11
宅録ノススメ⑤
音楽用に使用するパソコンの注意点について書いておこうと思います。

さて、パソコンで音楽制作をする場合はまず、当然ながらパソコンを持っていなければなりません。そしてWindowsなのかMacなのか、WindowsであればVistaなのかXPなのかといった、自分のOSを知っておかなければなりません。



d0142472_19585871.jpg
OSは大きな分かれ道かも?


最近のパソコンのハイスペック化は目覚ましいですが、対応するソフト側もまたハイスペックを要求する仕様になってきています。その代わり、より複雑で高度な処理(操作はシンプルに)を施す事が可能になっているんです。
ただ、スペックが高いパソコンじゃないと音楽制作に利用できないかと言いますと、一概には言えません。使用用途、作業内容によってパソコンに要求されるパワーが違いますので、自分に必要な機能が、どういう内容なのかを知る必要があります。

例をあげますと、MIDIデータを制作するだけの場合(俗に言う「打ち込み」)には、それほど高性能なパソコンの必要はありません。
MIDIデータは文書ファイルくらいの大きさなので、打ち込み自体では、ほとんどパソコンに負担はかかりません(20年くらい前のパソコンでもできました)。ただし、この「打ち込み」という作業、外部のシンセ等の音源を使用する場合には前述の通り、最小限のスペックで充分なんですが、最新のプラグインの音源(パソコン内の音源)を使用する場合には処理が重たいものもあるので注意が必要です。

録音をしたり、波形編集をしたり、ミックスをするとなると、パソコンにもある程度の能力が必要になってきます。高性能な物に越したことはないです。

もし音楽用として利用するパソコンをお考えなら、「CPU」と「メモリ」というコンピューターの処理速度に関わる部分に注目してみてください。ハードディスクも重要ですが、増設が比較的簡単です。

また、Windows VISTA等、OSのバージョンは新しい程良さそうなものですが、ソフトが対応してない場合がたまにあるので注意が必要です。


製品のメーカーのホームページに行くと、仕様ページが用意されていますので、自分の環境と比べてみてください。大体、必要性能条件とメーカー推奨の性能条件が記してあることが多いです。メーカー推奨よりもスペックが上なら問題ありません。

ちょっと面倒くさいですが、自分のパソコンのことを知っておくと、後にトラブルが起こりにくくなります。是非一度ご確認を。

次回はオーディオインターフェースについて書いてみたいと思います。

d0142472_1921488.jpg


古い機種もソフトが対応してなかったりします…。
[PR]
by pops-k | 2008-01-27 19:59
テンチョーの超展開②
気はゆるめてもネジはユルめるな!

周南店店長のヨシダです。
今日は持ち物検査をしま~す!
はい、みんなギター(ベース)ケースの中身を見せてくださ~い。

ふむふむ・・・ストラップ、ピック、交換用の弦、クロス、シールド。
おや?これだけですか?ドライバーやレンチ、スパナなどの工具が入っていませんねぇ。

ギター(ベース)でよくあるトラブルはネジの緩みが原因のものが結構あります。
代表的なのが、ジャック部の配線断裂。その他にも、ヴォリュームやトーンポット部の配線断裂。
これらはいずれもナットの緩みが原因でパーツがくるくる回転していまい、結果ハンダ付けしている線が切れて、音が出なくなります。
ストラップピンのネジの緩みも放っておくと、ネジ穴が広がりユルユルになってしまいますのでご注意を。

移動中の微振動や演奏中の振動で結構ネジは緩みます。今から自分の楽器のネジの緩み具合をチェックしてみてください。

写真はESPから発売されているマルチスパナMS-10。ギター、ベースに付いているほとんどのナットに使用可能なスグレモノ。もちろんPOPS-Kでも販売していますヨ。価格は¥1,050。

d0142472_17182045.jpg

[PR]
by pops-k | 2008-01-24 17:19 | ギター/ベース
宅録ノススメ④
こんにちは。周南店ロビンです。
オーディオインターフェースのことを書くつもりでしたが、その前にパソコンで音楽制作するメリットについて書きたいと思います。

近年のパソコンのハイスペック化たるや目覚ましく、一家に一台、スーパーコンピューターがあるという、昔のSF小説の世界に今我々は住んでいるわけであります。
このコンピューターは、気を利かせてコーヒーを入れてくれたり話し相手になったりはまだしてくれませんが、その代わり、想像よりも遥かにコンパクトで、万能選手です。
そして想像通り魔法の箱です。
MTRが音楽専用のスーパーコンピューターなら、パソコンは音楽専用にもなるスーパーコンピューターです。このメリットを今から述べましょう。

難しそうで自分には縁がない思ってる方もいらっしゃると思いますが、以前に比べると、設定もシンプルになってますし、実はむしろすごく使い易いんですよ。

1.大きな画面によって作業が視覚的に把握でき、効率的。実はこれが使いやすさの理由です。
2.プラグインという形で、エフェクターや音源を追加可能。
3.所持しているプラグインは同時に何個でも使用可能(パソコンの処理能力次第)。
4.ノイズ除去、ピッチ修正、波形編集も楽々。
5.作業を中断しても、一瞬で全く同じ状況から再開できるトータルリコール性。
6.ワープロでおなじみの「元に戻す」「やり直す」で試行錯誤も楽々。



パソコンの場合、リバーブやコンプレッサーといったミックスに必須のエフェクト、アンプ録りが難しい環境に大活躍のアンプシュミレーター、ピアノ音源やドラム音源、サンプラー等の音源を、必要に応じてパソコン自体に仮想的に組み込む事ができます。これをプラグインといいます。これらはちょっとしたオマケ的なものではなく、実際にプロの現場で使用されているものです。
こういったプラグインを使用することによって、外部のエフェクターや音源を使用する事なく作曲からミックスダウンまでパソコン内部で完結させることが出来るんです。

様々なメーカから魅力的なプラグインが次々と生まれていることを考えると、この部分がパソコンで音楽制作する事の最大の魅力ではないかと思います。



d0142472_1984263.jpg



一度パソコンでの作業に慣れてしまうともう元には戻れないほどです。
このようにパソコンを中心にして本当にプロスタジオと同じような環境が整えられてしまう時代なんですね。このようなシステムはDAWと呼ばれ、その中心となるソフトがDAWソフトと呼ばれます。

これらDAWソフトにオーディオインターフェースという音の入出力のための装置をそろえれば、音楽制作は出来てしまいます。これに必要に応じてプラグインを揃えていって下さい。
次回は音楽に利用するパソコンの注意点について書こうと思います。
[PR]
by pops-k | 2008-01-21 19:10 | シンセ/DAW
メンボ
こんにちは。山口店のGことGIMAXです。

今日はメンボの紹介をしたいと思います


メンボとはメンバー募集(掲示板)の略です。

KYとは空気読めの略です。

よく音楽雑誌やネット上で見掛けるメンボですが、実はPOPS-Kにもあります。


なんだって!?そいつは知らなかったぜ!という人はぜひ活用してみてはいかがでしょうか!?
バンドメンバー探してる人や挑戦心のある人、新たに出会いを求めてる人(音楽的な出会いですよ)など、とりあえず貼ってみませんか!?

当店に来てから作成しても良し、家で書いてから持って来ても良し、お好みに合わせてメンボってください!

書いてから持ってくる場合は、B5よりも小さい紙でお願いします。


メンボしてる人がどんな人なのか、スタッフを通してある程度情報交換もできるので、とても良いシステムだと私はふんでおります!



最後に一言、

POPS‐Kのメンボからたくさんのバンドが結成されることを楽しみにしてます!
[PR]
by pops-k | 2008-01-20 16:39 | その他
テンチョーの超展開①
自分の楽器を知る

周南店店長のヨシダです。
突然ですが皆さんは自分の楽器の事をどれだけわかっているでしょうか?

「私の何が解るっていうの!」と、よくTVドラマでやっていますが、楽器は男女関係ほど難しくありません。

例えば、このツマミは一体何?とか、このパーツの名前は何?とか思ったことはありませんか?
お願いですから「そんなの関係ねぇ!」と言わないで下さい。

自分の楽器の特性を知ることは良い音作りや演奏につながるし、トラブルを未然に防ぐことも出来ます。
日ごろのメンテナンスさえやっていれば、壊れることは無かったのに・・・とうい楽器をよく目にします。

もちろん、専門知識がないと直せない領域もあります。その場合は無理をせずPOPS-Kにご相談ください。

次回から簡単にできるメンテナンスを書こうと思います。
[PR]
by pops-k | 2008-01-19 13:06 | ギター/ベース
宅録ノススメ③
こんにちは、周南店ロビンです。

今日は音の第1の入り口であるマイクについて。
前回書いた中では、ハンディーレコーダータイプにはマイクが内蔵されている事が多いです。
しかし、多くのMTRやPCレコーディングになると別にマイクを用意しなければ音を拾うことが出来ません。マイクを用意しましょう!
ということでマイクの定番どころを紹介しましょう。

d0142472_2005640.jpg

まず定番のマイクにSHUREのSM57、SM58(シュアーのゴーナナ、ゴッパーと呼ばれたりします)がございます。

SM58は主に歌用に、SM57は主に楽器用として、高い実績と使い易さを誇ります。またこれらはダイナミックマイクと呼ばれ、取り扱いが比較的簡単なことからも、入門者にもオススメできます。

ライブや練習スタジオに置いてあるのは基本的にこのタイプです。なのでライブ用としても力を発揮します。
 

また、ダイナミックマイクとは別にコンデンサーマイクというタイプもメジャーな存在です。よくプロのボーカルのレコーディング風景にでてくるアレです。

audio-technicaのAT2020 等がそれにあたります。コンデンサーマイクは低域から高域までしっかりと拾ってくれます。なので特に歌やアコースティックギター、弦楽器などの倍音が豊かな楽器の収録に適しています。

僕も初めてコンデンサーマイクを使ったときには、モニターのヘッドフォンから普段は聞こえない雑音まで聞こえてびっくりしました。

昔は高価だったコンデンサーマイクも今はダイナミックマイクと変わらない価格のものも存在します。宅録用としてはかなりオススメのマイクです。

注意点としては湿度や衝撃に弱いので取扱には気をつけなければなりません。
また、最大の留意事項として、基本的にファンタム電源と呼ばれる装置で電気を送らないと機能しないことも忘れてはいけません。

やっかいなファンタム電源ですが、専用のファンタム電源装置の他に、MTRやオーディオインターフェースに組み込まれていることもよくあります。コンデンサーマイクを購入するときには自分の環境に注意しましょう。

以下、まとめると、


ダイナミックマイク

比較的頑丈で、大入力やショックにも強い。ヴォーカルやギター、ドラム・打楽器、等によく使用される。特別に電源は必要なし。

コンデンサーマイク

ファンタム電源が必要。ダイナミックマイクに比べ繊細な音が収録できる。ヴォーカル
やアコギ、弦楽器やピアノ、などによく使用される。


いつか店の個々のマイクについて具体的に触れてみたいと思います。

次回はオーディオインターフェースについて書こうと思っています今のところは!

今日の宅録キーワード
-バラが咲いたを歌ったのはマイク真木です。

[PR]
by pops-k | 2008-01-17 20:04 | シンセ/DAW
宅録ノススメ②
こんにちは周南店ロビンです。

MTRやパソコンの進化・低価格化によって、一昔前に比べると自宅で録音出来る環境はずいぶんと手に入れやすくなっています。
今まで、こんなことしたいけど、できるわけねーやと思っていたアナタ!
恵まれた現代なら可能かもしれませんよ!

いきなりなんですけれども、こんな人は宅録を始めるべきです。

・コピーだけじゃなくオリジナルをつくるんだ!
・ちゃんとした音源をつくっていろんな人に聴いてもらうんだ!
・忙しくてなかなかスタジオに行けないけど、暇があれば音楽したいんだ!
・自分の演奏を客観的に聴いてみたいんだ!

さあ、いざ宅録をはじめようとしたときに、まず考えなければならないのが、宅録システムの核となる機材です。以下のような選択肢が考えられます。

① ハンディーレコーダー
② MTR(マルチトラックレコーダー)
③ パソコン+オーディオインターフェース+音楽ソフト


①はとにかく手軽で簡単です。最近ではマイクを内蔵してるモデルが多いので、本当にポケットに入ってしまいます。作曲のメモ代わりや弾き語り録り、街の音を録ったりするのも便利です。バンドの一発録りなんかにも使うと、自分たちの演奏がどんなのか分かりますよね。これはもう宅録の粋を越えている!(予算¥25,000程度~)

②は、マルチトラックで録音出来るので、後でボーカルやギターなどそれぞれの音を調節できます。そんな高性能な技術が一台にぎゅっと詰まっています。最近ではリズムマシンやアンプシュミレーターまで入っていたりします。まさに、小さなスタジオです。③と比べると音楽専用の設計なので、安定性も比較的有利と言えます。これはもう宅録の粋を越えている!(¥25,000程度~)

③はパソコンの大きなディスプレイによる細かい編集作業、パソコンならではの高い拡張性がウリです。パソコンが一台あれば、予算に合わせて自分にぴったりのシステムが完成します。最近のプロのレコーディング環境はこのシステムを究極にした感じです。拡張性という点では、これに勝るシステムはないのではないでしょうか。ハードだと何十万もする楽器やレコーディング機器をシミュレートした製品を自分のシステムに組み込むことがいとも簡単に出来ます。しかも価格は本物の何十分の一だったりします。このシステムかなり柔軟で自由度が高い反面、すべてはパソコンの能力しだいという性質をもっています。しかし、最近のパソコンだったら大丈夫!プロとほぼ同じ環境も夢ではありません。これは宅録の粋を越えている!(¥25,000程度~)

と、おおまかに紹介したところで、次回は宅録に必要なマイクやオーディオインターフェースについて書いてみようと思います。

今日の宅録キーワード
-宅録という言葉にこだわるな
d0142472_2010145.jpg

[PR]
by pops-k | 2008-01-14 20:11 | シンセ/DAW
宅録ノススメ①
どうもこんにちは。POPS-K周南店ロビンです。

いきなりですけど、宅録について考えてみようと思います。
しかもシリーズものになりそうです。
余談ですが、宅録と初めにパソコンで打った時、宅禄とでました。微妙に違って初め気づきませんでした。世間では宅録はまだ、一般的ではないようです。これはいけません!

このブログを通じて、宅録家にとって住み良い町作り、宅録家の宅録家のための宅録家の宅録をめざします。

「うーむ、さすが良いこと言うなぁ!…で、宅録って何?」

って方、宅録とは自宅で録音、細かく言えば、自宅で音楽制作をする事です。
自宅にて曲を書いたり、アレンジしたり、レコーディングしたり、ミックスしたり、CDにしたり、ネットに配信したりすること全般です。たぶん(ちょっと言い過ぎたかも)。

どうでもいいことなんですけど、今、文字を打っているパソコンのキーボードがかなり微妙な高さにあって、僕の両腕が文字を打つたびにピクピク脈打っています。

とまあ、こんな感じで、宅録人口が増えることを祈りつつ次回から本題に入りたいと思います。もちろん宅録機材のご相談はPOPS-Kまで!

今日の宅録キーワード
-パソコンキーボードの高さ調節は大事

d0142472_17172938.jpg


写真は、向こう側が透けて見える液晶時計の不思議に挑戦する、周南店店長、時計分解中。
[PR]
by pops-k | 2008-01-12 17:12 | シンセ/DAW
TONEZONE10th
こんにちは。 山口店のギマです。

今日はただいま出演バンド募集中のTONEZONE(トーンゾーン)について紹介します。


このイベントは年に1~2回行ってまして、年齢、ジャンル、コピー・オリジナル問わず募集しています。

毎回、山口市湯田のニューメディアプラザで行ってますが、宇部や長門など遠くからのバンドさんも出演されています。

中高生からおじさま方まで年代も様々、初ライブの場として出演されるバンドさんもいます。


要するに、気軽に応募してください!笑

制限は特にありませんので。


バンド募集の〆切は1月20日(日)です。

デモテープが必要ですが、スタジオなどで簡単に録音したもので大丈夫です。

CDでもMDでもカセットテープでも大丈夫です。

ポップスのスタジオでも録音できますよ!


質問などがあれば気軽に山口店までお問い合わせください!


今回は残念ながら出れないなって方は、是非とも2月23日(土)にTONEZONE10thを見に来てください!

そんでTONEZONE11thではステージに立ちましょう!d0142472_14303447.gif
[PR]
by pops-k | 2008-01-10 14:32 | その他


by pops-k
プロフィールを見る
画像一覧
twitter
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧